2010年12月8日水曜日

iOS デバッグ&最適化技法

 タイトルからコアな内容かと想像しましたが、内容はiOSアプリ開発の全般について解説したものだと理解しました。
しかし、他の入門書にはない内容がいくつかあります。メモリ管理について、デバッガ、プロファイラの使い方などです。特に、main 関数からどのようにアプリが立ち上がるかの解説は、他書ではあまり見られない内容かつ分かりやすい記述でした。このあたりの内容が本書のタイトルの理由かと思われます。
ソフトを仕事にしている人にとっては当たり前かもしれませんが、これから始める人にとっては、こんなツールや手段があるのかと俯瞰的に知ることができて、参考になるのではないでしょうか?

そういえば、Xcode の画面がデベロッパプレビュー版だったのが気になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿