2010年6月30日水曜日

Netatalk 2.1.2 に乗り換えた

これまで、Debian lenny で、Netatalk 2.0.5 を動かしてTimeMachine をやっていたが、最近 Netatalk 2.1.2 がリリースされたとのことで、アップデートしてみた。
以下のページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hat/netatalk/andsamba.html

ソースコードを本家から落としてくる
http://netatalk.sourceforge.net/

以下のようにビルド, インストール

% ./configure --enable-debian --prefix=/usr/local/netatalk-2.1.2
% make
% su
# make install


/usr/local/netatalk-2.1.2/etc/netatalk/ 以下に設定ファイルがあるので、いくつかを編集する

AppleVolumes.default を以下のように変更

#:DEFAULT: options:upriv,usedots
:DEFAULT: options:upriv,usedots dperm:0700 fperm:0600 ea:sys

/mnt/hdd/TimeMachine "TimeMachine" options:tm allow:hoge


当初は、以下のようなメッセージがでて起動しなかった。

Starting Netatalk services (this will take a while): eth0: multicast may not work correctly.
eth0: disabled.
atalkd: zero interfaces, exiting.

/etc/init.d/netatalk を読むと、読み込む設定ファイルが間違っていたので、それを、2010/7/2 追記に書いたように修正した。

その後、

# /etc/init.d/netatalk start

で、無事起動。

Mac (Mac OS X10.6) から、バックアップを作成を選択すると、バックアップが始まった。しかし、「バックアップの索引を作成中」が長時間続き終わっていない。しばらくまつことにする。

30分くらい待って完了した。これで、これまで通りのTimeMachine 生活に戻った。めでたし。

2010/7/2 追記
HAT さんより、atalkd を立ち上げる必要はないとのコメントを頂いたので、いろいろと調べてみた。
ATALKD_RUN=no としているのにおかしいな?と思っていたが、よく、/etc/init.d/netatalk を読むと、/etc/default/netatalk という設定ファイルを読み込んでいた。おそらく、Debian のバイナリパッケージをインストールした際に入ったものだろう。なので、以下のように、今回インストールしたものを指し示すように修正。


# Read in netatalk configuration.
#if [ -f /etc/default/netatalk ]; then
# . /etc/default/netatalk
#fi
if [ -f /usr/local/netatalk-2.1.2/etc/netatalk/netatalk.conf ]; then
. /usr/local/netatalk-2.1.2/etc/netatalk/netatalk.conf
fi

2010年6月27日日曜日

Mac でスクリーンキャプチャをとる

Mac 歴が浅いので、スクリーンキャプチャの取り方を知らなかったのでググッてみた。

command + shift + 3

でキャプチャできる。
驚いたことに、キャプチャと同時にカメラのシャッター音が鳴った。さすがMac。

2010年6月21日月曜日

1970/1/1 00:00:00 からの経過秒を求める

仕事で1970/1/1 00:00:00 (UNIX epoch) からの経過秒を求める必要があったので、date の使い方を調べた。こんな感じ。Debian で試した。

$ date -d "2010/1/1 00:00:00" --universal +%s
1262304000

2010年6月17日木曜日

iPhone4 予約


iPhone4 の予約をした。2010年6月16日22:00ごろ。ソフトバンクオンラインショップで予約したが、意外とあっさり終わった。サーバーを増強した後だったらしく、つながりにくいこともなかった。
しかし、予約受付のメールが届いただけで、それ以降のステータスには進んでいない様子。いったいいつ手に入るか。発売延期で7/14 とかいう噂もあるし。

2010年6月13日日曜日

はじめてのiPhone3 プログラミング


サンプルコードが豊富。手順を追ってかなり詳細にコードの解説がされている。掲載されているコードはすべて記述されているので、そのままビルドして使えるのがうれしい。

アプリを作るためのiPhone SDK の機能を網羅的に解説している。CoreData の解説もあったが、ボリュームが少ない。Apple 社の公式ドキュメントのGetting Start レベル。ちなみに、CoreData の詳細は、続編の More iPhone 3 Development: Tackling iPhone SDK 3 (洋書)が参考になる。





2010年6月12日土曜日

詳解Objective-C 2.0


何度も読み返している本。大変お世話になっています。

iPhone アプリケーションを開発するにあたり、まず覚える必要があるのがObjective-C。この本は入門を済ませた人が読む本。自分自身も、メモリ管理がイマイチわからなかったが、この本でずいぶんと理解が深まった。オーナーシップあたりが参考になる。
また、Objective-C 特有の機能(カテゴリ、宣言プロパティなど)の解説もありおもしろい。
後半の分散オブジェクトあたりから理解が追いつかなくなり、流し読みになったが、もう少し経験を積めば読めるようになると思う。


2010年6月10日木曜日

「情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方」を読んで


「情熱」という言葉と、「ソフトウェア開発者の幸せな生き方」とうサブタイトルに惹かれて購入。

ソフトウェア開発者の日常の工夫・心構えから、キャリアにいたるまで幅広い内容。ソフトウェア開発者向けの自己啓発本といってしまうと軽々しいが、筆者の実際の経験に基づいたエッセイで説得力がある。また、内容の背景にあるのはソフトウェア開発者に限った教訓ではなく、幅広く適用できると思う。

わたしがこのブログを始めたのもこの本の影響。仕事・開発を楽しもう!